HOME > 洛中・市役所前 > 日昇別荘

■ 日昇別荘

 

日昇別荘

悠久の時を感じる京の都に百余年の時を経て、今なお歴史を刻み続ける旅籠。連綿と受け継がれてきた匠たちの技と冴えが、静かに流れる和やかな京の刻を今に伝えます。ゆっくりとくつろいでいただくための家庭的なおもてなしがわたしたちの自慢です。
日昇別荘は京都の中心部にあるものとしては、数少ない純和風木造二階建て大型建築の旅籠です。敷地の中心部には贅沢にも本格的な日本庭園を配置し、天明8年(1788)上棟されたものを近代建築の粋を集め、京の情緒と安らぎの佇まいを残しております。
もともと日昇別荘の敷地は、享保年間(1716〜1736)に糸割符商人で茶人でもあった有来新兵衛(うらい しんべえ)の屋敷でした。新兵衛もその当時の茶人の常として、作器をたしなみました。新兵衛の屋敷には文献によると小型の窯があったとされておりますが、当館敷地内にそのなごりをみとめることができます。
新兵衛の作陶の師、佐々竹庵(ささ ちくあん)の桃山時代(1582〜1592)作の「竹の実印」がある「信楽旅枕花生」が当館敷地内から出土し、京都国立博物館に展示されております。
当館のあちらこちらに、焼き物を展示させていただいておりますが、皆様に少しでも「京やき」の良さを感じ取っていただければ幸いです。


宿泊者の感想

8月17、18日と連泊させて頂きました。毎回京都に滞在するときはシティホテルを利用していたので、最初は多少不安に感じていたのですが。京都の街並を眺めながら、ふと落ち着いた佇まいの建物が目に入りました。日昇旅館さんです。すぐにお迎えの方が来られ、お部屋へと案内していただきました。お部屋は古いながらも手入れが行き届いていて、とても落ち着くことができました。大浴場のトルマリン風呂?はやはりとても清潔で、毎日2回も長風呂してしまいました。そして何より特筆すべきはスタッフの方の迅速かつ丁寧な対応です。館内どこに行っても笑顔で迎えていただき、大変心地よかったです。2日目の夜は楽しみにしていた川床へ行くために、慣れない浴衣に悪戦苦闘の1時間(涙)どうしてもうまくいかず、仲居さんに助けを呼んだ所、夕食時の忙しい時間にも関わらず駆けつけて頂き、あっというまに着付け終了!もちろん着崩れもなしです。本当に助かりました。皆様のお陰で京都を満喫することが出来ました。また是非お伺いさせていただきたいと思います。有難うございました。
最新の情報はこちらから。


日昇別荘

京都府京都市中京区三条通富小路西入中之町13

 

【一休.com】日昇別荘の予約プラン
(最大60%のご優待)







【HOME】 【↑PAGETOP】
洛北・大原| 洛中・市役所前 | 東山・祇園 | 嵐山・嵯峨野 | 洛南・京都駅前
【東京の高級ホテル宿泊記】|【大阪高級ホテル宿泊記】|【雄琴温泉・湯元館宿泊記】
【山代温泉・瑠璃光宿泊記(ブログ)】
RSS RSS フィード